国内ドラマ

ドラマ【半沢直樹2】ロスジェネの逆襲のキャストとあらすじ!平成の高視聴率ドラマが令和にも帰ってくる!

  • 閲覧数:310
購読時間
3分
注目度
★★★★★

ドラマ【半沢直樹2ロスジェネの逆襲】のキャストとあらすじ!

半沢直樹は、東京中央銀行営業第二部次長というエリート中のエリートから東京セントラル証券へと左遷の出向をさせられていました。

東京セントラル証券では、社内で銀行からの出向者とプロパー社員との軋轢がありとても殺伐として働きにくい空気がありました。

また、同じプロパーでもバブル世代とロスジェネ世代とでも中が悪く、出向組は銀行の鼻を明かしてやろうと意気込むもののやや勇み足ぎみで、半沢はひとり深いため息を漏らすのでした。

そんな中、一流IT企業の「電脳雑伎集団」の社長・平山一正から、ライバル会社の東京スパイラルが持つ検索サイト「スパイラル」買収の相談を受けます。

もし、アドバイザーの座に就けば、1500億円もの巨額の手数料が転がり込んでくるかつてないチャンスになり興奮します。

今までにない大きな取引になり仕事としてもやりがいのあるチャンスです。

敵対的買収に向けてスキームを検討し、平山社長に提案します。

しかし、平山社長は「提案が遅すぎる」と半沢を遠のけます。

東京セントラル証券のアドバイザー契約を一方的に解除されてしまいます。

半沢もその責任を問われ、立場が危うく…。

ただ、いきなりの事で「何か裏があるのか…。」

まずは、原因を調べて調査し仕返しをする半沢直樹シリーズの幕開けです!

東京スパイラルvs電脳雑伎集団

半沢直樹はどんなトラブルに巻き込まれ、どの様に解決していくのか期待がもてます。

ドラマ【半沢直樹2ロスジェネの逆襲】の主演キャスト

半沢直樹(はんざわなおき)
主人公。東京中央銀行から系列の東京セントラル証券に出向し営業企画部長を担当。

森山雅弘(もりやままさひろ)
東京セントラル証券の営業企画部調査役。ロスジェネ世代で、バブル世代や銀行からの出向者を嫌っている。
証券会社に出向した半沢の部下。

瀬名洋介(せなようすけ)
新興IT企業東京スパイラルの社長。森山の幼なじみ。
買収騒動に巻き込まれる若手社長。

平山一正(ひらやまかずまさ)
電脳雑伎集団の社長。妻とのワンマン経営で会社を大きくしてきた。
来年創業15年を迎えるIT企業・電脳雑伎集団の50代の創業社長

渡真利忍(とまりしのぶ)
半沢の同期で東京中央銀行銀行融資部に務める。半沢に様々な情報を提供する。
半沢直樹と同期(及川光博)東京中央銀行東京本部融資課。
慶応大学経済学部卒業で半沢の同期であり親友。
面接のときから半沢の存在を意識していた。

ドラマ【半沢直樹2ロスジェネの逆襲】のあらすじ

半沢、無念の出向! 
団塊、バブル、ロスジェネ――世代を超えた男たちの熾烈な戦いがはじまる。
主人公・半沢直樹の出向先は銀行の系列子会社東京セントラル証券。業績は鳴かず飛ばず。
そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。
アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。
ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。
責任を問われて窮地に陥った半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、親会社のエリートたちへ戦いを挑む。

今回は、東京セントラル証券が舞台。

IT企業の「電脳雑技団」による「東京スパイラル」の敵対的買収が実行されようとしていました。

「電脳雑技団」から相談を受けた半沢たちは後日、スキームをまとめていきますが、対応が遅い、と追い返されてしまいます。

しかし後日、同期の渡信利からは「電脳雑技団」の買収の件は東京中央銀行が担当することになった、と聞かされるのです。

子会社の仕事を親会社が奪うようなやり方に憤りを感じた半沢たちは「東京スパイラル」側に付くことにします。

一方、東京中央銀行は「東京スパイラル」の社長に新株式の発行やPC周辺機器販売会社の「フォックス」にホワイトナイトをするよう依頼します。

しかし「フォックス」は財政状況が芳しくなく、「電脳雑技団」に身売りが決まっていたのでした。

この思惑を読みとった半沢たちは瀬名に一緒に戦うことを提案します。

「フォックス」の社長、郷田はもともと「電脳雑技団」の方が先に買収してくれると言っていたので瀬名の申し出を断ります。

しかし、平山は「フォックス」のことはすでに見限っていて買収は辞めると言いだします。

これを聞いた郷田は瀬名に謝りをいれ買収をお願いするのです。

まずは「東京スパイラル」が「フォックス」を買収することを公表します。

「フォックス」の子会社である「コペルニクス」にアメリカ進出の足掛かりを見出した、と瀬名は言います。

更に半沢は経済雑誌記者に情報をリークし株価を急上昇させます。

これに焦った東京中央銀行は追加の支援と買い付け価格の引き上げをします。

このタイミングで半沢は、「電脳雑技団」の粉飾決済を見抜きます。

これにより銀行は追加支援を取りやめるのです。

見事勝利を収めた半沢直樹は人事により、東京中央銀行の営業第二部次長に返り咲くことが決まるのです。

ドラマ【半沢直樹2ロスジェネの逆襲】の原作

ロスジェネの逆襲
池井戸 潤

平成の民放連続ドラマ視聴率1位を記録、日本中を熱狂させ、社会現象を巻き起こしたドラマ「半沢直樹」。

その原作であり池井戸潤氏によるシリーズ第3弾『ロスジェネの逆襲』

ドラマ【半沢直樹2ロスジェネの逆襲】の放送日

2020年4月スタート!
TBSドラマ日曜劇場「半沢直樹」 堺雅人主演の原作!
日曜よる9時

ドラマ【半沢直樹2ロスジェネの逆襲】の主題歌

前回は服部 隆之さんがメインテーマを任されていました。

服部 隆之さんと言えば、最近のドラマでは、ノーサイド・ゲームも服部 隆之さんがメインテーマを…。

今夏の半沢シリーズも緊張感のあるテーマを期待しています。