防災

自宅に防災グッズや非常袋などを用意していますか?

実は、19歳の時に阪神大震災を経験してから常日頃から防災の備えをしていました。

実際に大きな災害の経験があるような人や地域では多くのご家庭で水や食料の備蓄をされていたり、
非常袋などが用意されていますが、ほとんどのご家庭では準備されていないことが多いのではないでしょうか。

地震や津波・暴風など自然災害はいつ起こるか解りませんし、
起こってから家族と連絡が取れないコトや生活も不自由をしいられます。

私が阪神大震災の際に経験した時に必要だと思ったのが以下のものでした。

防災食料

食料

食料は、カップラーメンなどお湯を入れるだけで済むインスタントのもので十分。

防災水

水は飲料水はもちろんですが、それ以上に必要なのがトイレです。

防災毛布

暖かくする毛布

肌寒い冬や秋・春先に災害にあえば必要なのが身を暖める毛布必須アイテム。

防災ラジオ

ラジオ

ラジオは災害があると24時間体勢で現在どのような状況か教えてくれます。

防災靴スリッパ

靴やスリッパ

靴やスリッパは枕元やベッドの下に保管していると便利です。

防災懐中電灯

懐中電灯

懐中電灯は、絶対必須アイテムですね。

防災割り箸

割り箸

使い捨てで水で洗う手間も省けるのが一番。

防災ラップ

ラップ

毎日のコトだから絶対にあったら便利なグッズです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク